(22)天使

 アッラーは預言者モーセ(ムーサー)には直接言葉をかけられましたが、通常は大天使ジブリール(ガブリエル)を通して啓示を下し給いました。アッラーにはジブリールのほかにもアッラーのお側でアッラーに仕え、アッラーのご命令に応じて任務を果たす様々な天使たちがいます。例えば、私たちの肉体から魂を取り上げるのも天使の仕事です。また、私たちの両肩には二人の天使が控え、私たちのなすこと、言うことを逐一記録しようと構えています(第50章17、18節)。雨の一粒一粒をアッラーのご命令によって指定された場所に運ぶのも天使です。天使は私たちの目に見えない姿で私たちの加勢をしてくれることもあれば、人間の姿を取って私たちの前に現れることもまれにあります。

 天使は休むことなくアッラーを賛美し、アッラーのご命令を果たすために忙しく立ち働き、賛美に倦むことはなく、ご命令に背くこともありません。つまり、天使は完全無欠の存在です。アッラーはその天使たちに対して、欠陥だらけの人間に向かって跪拝するように命じ給いました。アッラーは、服従よりなしえない天使よりも、服従と反逆の選択肢を与えられ、悪の誘惑に傾く弱さを抱えながらも自分の意志でそれを乗り越えてアッラーの命に服そうとする人間に栄誉を与えてくださったのです。