ズル・ヒッジャ8日

 午前中にグスル(全身洗浄)し、2ラクアの礼拝を捧げハッジのイフラーム(禁忌状態)に入る。いよいよ始まりかと思うと、礼拝にも心がこもる。女性の中にはイスラームを象徴する緑の服を着ている人も何人か目につく。今日からハッジの始まりだが、今日はミナーで5回の礼拝をすること以外行事もないのでのんびりと過ごす。

 夕方、散歩に出ると、きのうよりもさらにまた人が増えていて、歩道にまでもテントが張られていた。近くの高架の下もたくさんの人がむしろを敷いて横になっていた。足を満足に伸ばして寝るだけのスペースすらない。すぐ横を人や車が引っ切りなしに通るのだから眠るのも一苦労だろう。よそ者が見たら、難民キャンプ、あるいは乞食の大集会と見まごうに違いない。