3月9日

 ラマダーン第5日目、断食自体はそれほど苦にはならないのだが、睡眠不足気味なのが辛い、アルハムドリッラー。信仰がなかったらばかばかしくってとても1か月は続かないだろうと思う。信仰心がいやでも試される1か月だ。去年はたった1人でよくやれたものだと今更ながら感心する。家では7才のムハンマドも断食をしている。今年で2年目だという。夢うつつに手を動かすのももどかしげに早朝の食事を取る様子がけなげだ。もちろん子供に断食の義務はない。親が強制するわけでもないから本人の強い意志がなかったらできないことだ。子供達はこうして忍耐と強い克己心と自己信頼を学んでいくのだろう。