3月2日

 あと3日か4日でラマダーン月が始まる。3日か4日と曖昧なのはラマダーンの1日がいつになるかは月の出次第で、正確なところはその前日になってみないとわからないからだ。おそらく3日後だろうという。まる1か月の断食に突入するいわば準備期間として慣習に習って2か月前から月曜と木曜に行っていた断食も、やはり慣習に習ってここ2週間は控え、日1日と近付くラマダーンを誰もが期待を込めて待っている。町ではあちこちの店頭に、ラマダーンには欠かせないなつめやしの実や干し果物が山積みにされるようになった。また、これもラマダーンには付き物らしい飾りランプがあちこちで売られている。運動会の際などに吊す万国旗のようなものをありあわせの紙で作って家から家に渡して吊し、町はほんの少しだけお祭り気分になった。